マツダのデミオ、ディーゼルが良いのかガソリンが良いのか?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

マツダのデミオ、ディーゼルが良いのかガソリンが良いのか?

マツダのデミオ ガソリンの実燃費 燃費向上はしているのか?

マツダのデミオですが実燃費については初代のデミオですと実燃費は1300CCエンジンの物ですと14.12キロとなりましてカタログスペック上では18.6キロですので実燃費はカタログよりも4キロ悪いことになります。

一方1500CCエンジンはというとカタログ上では17.2キロですが実燃費は13キロですのでこちらも同じ様に4キロ悪いという結果になります。

なおこちらのデータはミッション車であり、オートマ車だとそこから1キロ引いた12キロが実燃費になります。

では最新のデミオはどうかというとまずは、ノーマルモデルのデミオだとカタログスペック上では19キロですが、実燃費ですと16キロですので3キロ実燃費のほうが悪いことになりますが、最新式のデミオのほうが燃費に置いては圧倒的に燃費が良くなっているといえます。

ミッション者のツーリングパッケージなどを装着しているデミオについてはカタログ上では19キロの燃費ですが実燃費は18キロとなりますのでこちらのパッケージ装着車のミッションのデミオのほうが燃費は良いという結果になります。

なおこれらの燃費についてはガソリンはレギュラーを使用したものを結果としていますのでハイオクは燃費についてはいくらかは上昇するものであると考えられます。

燃費向上は新型であればあるほど燃費が良くなっている結果であり、アイドリングストップなどを行うことでも燃費を向上させることが出来る結果になります。

以上のデータから結論から燃費は向上しているといえます。

マツダのデミオ (ディーゼル)の実燃費とその性能

マツダデミオのディーゼルエンジンの実燃費は、カタログ上のスペックでは燃費は24キロを目標とし実燃費は新型のデミオの場合ですと高速のように一定のスピードで走る場合に置いては22キロから24キロの間が実燃費となり、それほど誤差はありません。

ですが渋滞に巻き込まれる場合、アイドリングストップを使用しない場合の燃費は18キロ以下になりカタログよりも悪い燃費性能になります。

それ以前の古いデミオのディーゼル車2014年のデミオはカタログ上のスペックは24キロであり、実燃費は18キロから20キロの間ですから2キロほど悪いことになります。

なおオートマチック者の場合はさらに1キロ差し引き17キロから19キロになります。

燃費の向上には最新式のデミオのほうが性能が良いことになります。

エンジン性能ですがトルクが太く2.5リッター車と同じトルク性能を誇りますので小型の割には太いパワーがあるエンジンになり、ディーゼルエンジン特有のカラカラ音も改善されているため気にならないノイズです。

こちらのエンジンは以前のディーゼルエンジンとは違い高回転まで回るエンジンですので加減速が頻繁にある街中での性能が高いエンジンであり高速道路でも高い反応速度を持つディーゼルエンジンを搭載している車です。

マツダのデミオのディーゼルは高いレスポンスを秘めた車であると言えます。

デミオの口コミネットで見る評判、悪い口コミといい口コミ

デミオの口コミをネットで閲覧した際、よく目にする口コミの多くにはステアリングの部品の不具合がありコクンとハンドルを切る際ガタつきが出るという問題が上がっています。

この問題に関して症状をディーラーに説明した際、無償で交換をしてくれたディーラーとそうでないディーラーがあり無償で交換した車の場合は時期を考慮すると問題が発覚してから数日を経過しての無償交換ですから何か不具合があった可能性も有ります。

なおモデルは2014年モデルとそれ以降のモデルにも一部見られますので何か問題がある可能性があり対応したものだと考えられます。

他にはディーゼルエンジン関係も少し触れられていて口コミでは燃費が思うように伸びず、ハイブリッド車と比較をしている口コミが多々ありました。

ハイブリッド車の場合は渋滞にとても強く、燃費を消費しないからディーゼルエンジンよりも燃費が向上しているためマツダのディーゼルエンジンが燃費が悪いといった内容です。

ですが、こちらの場合もディーゼルエンジンの性質上、一定の速度で走り続けると燃費が良いという性質です。

電気でアシストするハイブリッド車と比較した場合、燃費が悪いのは至極当然であり、これらを改善するためにはアイドリングストップを行うなどの対策を取る必要があります。

口コミではそのことには触れられていないため、アイドリングストップは行なっていない可能性もありディーゼルが燃費が悪いかどうかについてはそれほど燃費が大幅に悪いわけではないという結果になります。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!