アルファードのマイナーチェンジ2018は安定性と誤発進の抑制も

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

アルファードのマイナーチェンジ2018

2018年のマイナーチェンジはオプションの変更がメイン

アルファードのマイナーチェンジですが2018年11月1日に安全性能関連のオプションを変更するマイナーチェンジが行われます。
主な変更点としては全グレードに誤発進防止装置を搭載しインテリジェントクリアランスソナーを標準装備する点になります。
それ以前の2018年度アルフォードの変更点については3.5L V6に新開発の直噴エンジンを採用したり、トランスミッションを以前は6速のオートマチックの変速機を使用していましたが8速のオートマチック使用に仕様を大幅に変更しました。
この仕様の変更によりアルフォードは2.4L 直4エンジンと3.5L V6直噴エンジンの高出力タイプのエンジンを搭載するモデルの2種類となり、トランスミッションの仕様を大幅に変更したおかげで走行性能を強化することができました。
また以前は複雑であったグレードのバリエーションを一新することで、アルフォードを購入する際にエンジンはハイブリッドとガソリン、車のボディの使用はエアロボディと標準ボディを選べるようになりました。
2017年以前のアルフォードと比べると流れる流線型のボディになり空気抵抗を減らすことで燃費を改善し、安全面に考慮した誤発進防止装置を標準搭載することで安全面にも配慮したモデルにマイナーチェンジしたと言えます。
旧アルフォードシリーズと比べると燃費の向上よりも車の走行時の安定性と誤発信の抑制など運転するドライバーの補助をしてくれる装備に力を入れたマイナーチェンジをした車となります。

アルファードの安全性に繋がる自動ブレーキ機能とは?

アルフォードの安全性が高い理由のひとつに自動ブレーキシステム、プリクラッシュセーフティがあります。
これは、自動車に搭載されている歩行者を検地するソナーとカメラでアルフォードを運転している人に事前にブザーで衝突する可能性を知らせる機能であり、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシストが作動して強力なブレーキを作動させ、ブレーキが踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキが作動し衝突回避と被害軽減をサポートする機能です。
ただし、これらの自動ブレーキすステム発動には条件があり、自車の速度は10キロから80キロの場合は歩行者など速度の遅い人に対しては作動をしますが自車と速度差があまり無い車や自転車だと衝突を軽減するだけの機能となり衝突してしまう可能性が高いため注意が必要になります。
また、停止中の車に対しては速度が10キロ未満であれば自動ブレーキで停止をする可能性がありますが、50キロ以上だと衝突を軽減する機能になりますので注意が必要です。
また、道路の状態、車の状態、天候などによりセンサー、もしくはカメラが正常に動作をしない場合がありますのであくまで衝突と被害を軽減するためのサポートをしてくれる装備であると言うことに気をつけ車に搭載されている本機能を過信しないように注意して車を運転することが大切です。
そうしないと事故を起こした際に責任を問われるのはドライバーですのであくまでも運転の補助機能の一部であり完全な機能ではないということを頭に入れておきましょう。

他にもあるアルフォードの安全機能

アルフォードには他にも安全性能を高める機能としてハンドル制御機能があります。
この機能はレーントレーシングアシストと呼ばれる機能で高速道路などを走っている際、白線を超えそうになるとブザーで警告をして車線の中央を走るようにアシストしてくれる機能です。
このアシスト機能は安全に車線の中央に車が行くように自動でステアリングを調整してくれる機能でレーダークルーズコントロール機能とあわせることで自車の前に車がいた場合相手の車を追い越さずに自動で車線の中央を走るようにアシストする機能です。
ただしこの機能にも注意点があり、高速道路などで実際に使用する際、うまく機能が動作しない環境になることもありますのであくまで運転の補助をする機能であるということを頭に入れて運転することが大事です。
他にはVDIMと呼ばれる機能がありこちらは走行時に置いて車の走行イメージをコンピューターとセンサーが判断してエンジンの出力を調整したりブレーキでアシストすることで安全にコーナリングを曲がる機能であり、大きな車ですとコーナリング時にふらつきがおきることがありますがこのVDIMシステムが搭載されているアルフォードではそのように車の限界性能を超える前に自動で限界を判断し安全にコーナリングを曲がることができる機能です。
ですがこの機能も転向や環境などによって正常に判断しない場合も有りますので注意が必要になります。
また、本機能のVDIMの機能ですがガソリン車、ハイブリッド車は全車種標準装備となります。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!