アルフォードの安全性について

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

アルフォードの安全性について

アルフォードが搭載している車両検知機能

頭から駐車をした時、バックで車を出さなければいけません。
そんな時、アルファードには左右後方から接近してくる車を検知する機能が付いています。
ブラインドスポットモニターのレーダーが近づいてくる車を検知し、ドアミラーの中にあるインジケーター点滅、そしてブザーによって運転手に知らせてくれるのです。
さらに搭載してやるナビにもちんちん結果を知らせる機能が付いているため、車を駐車場から出す際、バックが苦手だという人にも安心です。
まず、車両後方にはカメラが付いており、その映像はインナーミラーのディスプレイに表示されます。
鏡面インナーミラーとして使うこともできれば、デジタルインナーミラーとして使うこともできます。
同時に、車を走らせているときに車線変更する時など、隣の車線を走っている車が気になりますよね。
その車両もレーダーでしっかりと検知します。
ドアミラーだけではなかなか確認することができないエリアにまで車を検知し、車線の最大約60メートル後方までモニターすることによって急に近づいてくる車の存在を見逃すこともありません。
車両検知した場合、LEDインジケーターが点灯し、その状態でウィンカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し始めます。
もちろん、後方確認をする時などはミラーの角度を自動で変えることができます。
リバース連動機能を作動させることによってミラーの角度が変わり、後ろにいる車や歩行者の存在を知らせてくれるのです。

アルフォードが搭載している「2種類の目」

アルフォードはセイフティーセンサーを搭載しており、車だけではなく、昼夜ともに歩行者の存在を認知することができ、昼間は自転車運転者の存在を認知することが可能です。
ミリ波レーダーと単眼カメラを合わせ、それらを統合的にコントロールし、車だけではなくて歩行者や自転車の存在がわかるようになったのです。
特にミリ波レーダーは長い距離を検知することができるため、急に近づいてくる車や自転車にも対応することができます。
そして単眼カメラは物体の形や大きさを認識することができるため、歩行者を認識することができます。
この2つの機能が合わさって、今までにはなかった高い認識能力と信頼性を誇っているのです。
そして、この2つの機能を活用し、車速に応じた車間距離をきちんと保った状態での追従走行が容易になりました。
もしも前を走っている車が停止した場合はアルファードも停止を促しますが、先行車が走り出した場合はまた追従走行を再開することができるのです。
この機能は高速道路における渋滞走行時などに活用できます。
渋滞しているときには発信と停止を繰り返しますが、どうしても運転で疲れてしまって注意が散漫になってしまい、追突事故が起こりやすくなるのです。
そんな時、この機能がドライバーの負担を大幅に減らしてくれるといえます。
さらに、LEDの点灯やショートをきちんと制御することにより、先行車や対向車に光が当たる部分を遮光するシステムが搭載されています。
つまりハイビームを保持したままで走行することができ、夜間の運転もより安全になるのです。

標識の見逃を防止する機能

アルフォードにはロードサインアシストという機能が搭載されており、前方のカメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示するということができます。
これによってどの標識を見逃すということがありません。
道の標識を見逃したために車両進入禁止のところに入り込んでしまったり、スピード違反をしてしまったり、という経験を持つ人もいるのではないでしょうか。
アルファードのロードサインアシストはこのような事故の軽減に役立ちます。
そしてディスプレイに表示されている速度規制値を超えてしまった場合など、道路標識に反している場合、表示が点滅するなどしてドライバーに教えてくれます。
そのため道の標識も見逃したために違反をしてしまった、という危険性がなくなります。
そして信号待ちや渋滞の時など、前の車が止まっている際、前の車が動き出してもドライバーが気づかず、車を発進させない場合、ブザーやマルチインフォメーションディスプレイが表示され、ドライバーに車を動かすように促してくれます。
そのため後ろの車からクラクションを鳴らされるタイミングを減らすことができます。
もちろん、エアバックなどもしっかりと搭載されています。
車両前方だけではなく、左右から衝突された時にも載っている人への衝撃が極力少なくて済むよう、SRSサイドエアバック、SRSカーテンシールドエアバックなど、エアバックシステムが7つ標準装備しているのです。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!