ハイブリッドカーやエコカーの下取りが安い理由とは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

ハイブリッドカーやエコカーが安く下取りされる理由

普及率の問題が値段を安くする

ハイブリッドカーエコカーなどの環境に高著した車の場合、下取り価格が高いかと思い実際に下取りに出した際、車買取一括査定なんかを利用して見積もりを出した後、買い取り業者に来てもらうと実際の買い取り価格と違う、といったことが皆さん幾度かあったことであろうと思います。

これには理由がありまして、大きな要因となるのは車の普及率になります。ハイブリッドカーやエコカーは日本では少し前では国が率先して減税対象の車としたため、ハイブリットカーやエコカーを購入する駆け込みが大変おおく、たくさんのハイブリッドカーやエコカーが市場に出回りました。

しかも4年もしない感覚で新型のハイブリッドカーやエコカーが新しく市場に出回ると言った事態で次々に新型車量が登場したおかげで乗り換え需要も増えてしまい市場に古いハイブリッドカーやエコカー溢れているのが現在の現状です。

中古買い取り業者としてはこれ以上古い型のハイブリッドカーやエコカーを買い取ることを望んでいない訳です。

ですから、ハイブリッドカーやエコカーの買取の相場が激しく下降するわけです。では、海外にハイブリッドカーやエコカーを販売すればいいじゃないかと思う方もいるでしょうがそうは行かないのが現状です。

まず、ハイブリッドカーやエコカーはヨーロッパなどではあまり人気がありません。

というのもハイブリッドカーやエコカーは電子部品が複雑に入り組んだシステムで構成された車です。

修理をする側や組み立てる側からすれば複雑で自分でメンテナンスをすることもできないため人気が無いのです。

ハイブリッドカーやエコカーの需要は日本だけと見たほうがいいです。

ハイブリッドカーは故障、不具合が厄介

中古車を販売するディーラーにとって問題なのが故障、またはシステムの不具合です。

特に一時話題となったのはプリウスでブレーキシステムに問題があり、ブレーキが効かなくなるといった問題や自動ブレーキのシステムが異常を起こす問題がありました。

このようにシステムが複雑であればあるほど故障なのかシステムの問題なのかの解明が遅れ、その問題を解決することが出来ないと当然車の評価は下がり、皆さん車を売りに行ってしまいます。

これは、人間の心理でさらに悪い不具合が公表されない間に出来るだけ早く高い値段で車を売ろうとするためですから、当然であると言えます。

故障に対しても同じで現在のプリウスのような車は昔のように整備資産が自ら故障箇所を探すことは出来ません。

故障コードをリーダーで読み取り機会が判断した故障箇所を修理する方法になっています。

これはシステムが複雑に入り組んだため、人のチェック体制では不可能であるため機械の判断に従い車を修理しているためです。

故障コードを読み取り指示に従い修理が完了できたものについては市場に出し販売することが出来ますが、そうじゃない車については修理が完全に終えるまで走行できない可能性もあります。

このように手間がかかる車であるため、中古ディーラーとしては複雑なシステムを導入している車を買い取ることを嫌っているとまでは言いませんがあまり好意的には見ていないことでしょう。

信頼性の問題がプリウスを市場に溢れさせた問題と言ってもよいのですから。

ハイブリッドカーやエコカー購入意識は新型車両にしか向かない

ハイブリッドカーやエコカーを購入する際、中古の場合ですと古いタイプの車だと性能低そうに感じるでしょう。

実際、ハイブリッドカーやエコカーは年々性能が向上しており、燃費性能耐久性も高くなってきています。

中古市場に置いては古いハイブリッドカーやエコカーは性能が劣っているため売れ行きもものすごく鈍いです。

新型車両であれば売れ行きは悪くないのですが、わざわざ、古い車を消費者は購入しません。

これは車を売却する側についても同じで古いハイブリッドカーやエコカーを買取してもらう際、ニーズがないといってもよいでしょう。

消費者の方も古いハイブリッドカーやエコカー車を好まないわけですから中古販売のディーラーが古いハイブリッドカーやエコカー車を好むでしょうか。

好まないはずです。

このように中古販売業者と消費者のどちらの側に立ってみても購入意識販売意識新型車両にしか向いていないことになります。

車買取一括査定に置いても新型のハイブリッドカーやエコカーの買取高い理由はそのためです。

車の値崩れハイブリッドカーエコカーが一番深刻と言えます。

5年も立つとハイブリットシステム事態が古いとみなされますし、搭載されているバッテリーの健康状態も悪いとみなされるためですね。

このように発売されてから5年以内の新型車両にしか中古販売業者が恩恵を得られないわけですから業者としては安く買い取りすぐにでも売りさばきたい車なのです。そうしないとすぐに価値が落ちていく車ですからね。

ハイブリッドカーやエコカーで高額査定を狙うのであれば現状では新型車両以外需要は無いでしょう。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!