高値・高額で車を売却するには?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

高額で車を売却するには?

車買取価格が下がる要因

車を査定に出した際車の買い取り価格が下がる要因となるのは主に事故を過去に起こしその際に車のフレームにゆがみなどがある場合は査定価格は大きく値下がりします。
それ以外ですと外見もよく車に目立つ傷が無いのにもかかわらず車の買い取り価格が安いと言うことですが、これについては車の走行距離が長いもので10万キロを超えたものについてはエンジンの劣化が考えられるため自然と買取時の査定価格が安くなります。

また、車の販売された年代査定に関わる要因であり、車が販売されてから8年を過ぎた車については修理する部品の確保が難しくなるため査定価格が値下がりをするわけです。
特に最近ではメーカーも部品を10年くらいしか保管していませんので、車が市場に出回った時期から8年から10年を過ぎた車は中古車販売をしている業者から見ても取り扱いが難しくなる車になります。
これは一般的な自動車の例ですので、1970年より前の車、いわゆるクラシックカーになると価値観が違うため車の買い取り価格も大きく変動します。
特に買い取り価格の変動が激しい車として上げられる候補にはハイブリットカーやエコカーなどが多く見受けられます。
車の買い取り価格の変動は注意していても値下がりしますし、車に大きな欠陥がある場合については中古市場に血管のある車があふれてしまうのでたくさん中古市場にあるだけでも価値は暴落します。
価値のある車は生産数が少ないことと希少性があることになりますのでそういった車はまずクラシックカー等になるのではないでしょうか。

エコカーやハイブリッドカーは車の値崩れが起きやすい

エコカーやハイブリッドカーについては種類も多くあり、マイナーチェンジが繰り替えされているため価格が暴落しやすい車であるといってもよいです。
特にトヨタのプリウス等は1997年に誕生して2003年にモデルチェンジ、2007年に燃費を改善したマイナーチェンジ、2009年にフルモデルチェンジと多岐にわたりモデルチェンジを繰り返し、2015年にフルモデルチェンジとモデルチェンジをかなり行っています。
そのため、古いモデルのプリウスと言うものが市場には多く出回っていて、わざわざ古い性能の劣るモデルを購入するという事にメリットが見出せないのです。
エコカーの軽自動車も同じことが言えダイハツのムーブなども何度もモデルチェンジを繰り返してエンジン性能を高めたり車体を軽くしたりするなどして性能を高めて息エコカーになりました。
このようにモデルチェンジを繰り返す車は市場にあふれてしまっているため、新しいモデルで無い限りは買い取り価格も安くなってしまいます。
市場にたくさんの車があふれると買い取り価格は自然と下がりますし、希少性もありません。
しかも、一時は日本は国を挙げてエコカーやハイブリッドカーに対して補助金や優遇税制を取ったため、買い替えを行った方も多くおりその影響もアリ中古市場ではハイブリッドカーやエコカー、コンパクトカーがあふれています。
ですので、値崩れに対しては仕方のないことであるともいえます。
市場にあふれている車に対してはディーラーも車を売却する人間もその価値を見出せない訳です。

外車買取の難しさとその理由

外車を購入して売りに出す際、購入価格よりもかなり割安の査定額になりびっくりした方も多いことだと思います。
この外車の買い取り価格の低さについては理由があり、一つは外車を売るリスクとして日本国内に置いて購入してもらえる確率が低いことです。
これは外車は日本の車よりも壊れやすいと言う問題が昔はありましたが現在ではそのようなことも無くなりつつあります。
しかし、外車にかかるメンテナンスや修理、修理する施設などは日本ではあまり無く、国外の修理施設で修理をすることになりますので修理代金がかかることがネックになります。
このメンテナンスにかかる費用が日本車と比べると割高であると言う問題が外車の価値を下げている要因です。
二つ目は、日本の国土にあっていないと言う点です。
日本の交通では車は左側走行で右ハンドルが原則になります。
外車だと逆になり運転しにくいわけです。
慣れればどうと言うことは無いのですが事故を起こした際は運転席側になる可能性が高く、死亡するリスクは高くなります。
このようにメリットが無いのです。
イギリス車ですと日本と同じ、左側走行で右ハンドルですが問題はイギリスの車の価格が高いことです。
高い上に維持費がかかります。
と言うのもイギリスもEU圏でしたので使用する車のガソリンもハイオクを車に入れレギュラーガソリンは使用できない車が多いので日本のようにレギュラーガソリンを使用できないとなるとコストがかかりますのでそういった要因でも人気が無い車であるといえます。
海外車も日本の道路を走る上でメリットのある車になれば日本でも中古が高い値段で売れるようになるでしょうがまず、無理でしょうね。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!