新型アルファードの安全性能を調査! 自動ブレーキの実力は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

新型アルファードの安全性能?自動ブレーキの実力を調査!

新型アルファードの安全装備はどのようなもの?

ミニバンの最高峰に位置するのが、新型アルファードとなります。その特徴として、上質な室内空間や大人数を乗せる事などもありますが、アルファードの購入を希望する方の多くは、安全装備の充実度から選択する事も多いですよね。

新型アルファードの特徴として、自動ブレーキを始めとした「Toyota Safety Sense」(トヨタ・セーフティ・センス)が注目されています。これは最後に詳しく解説しますが、
 ・自動ブレーキ
 ・ハンドル自動操作サポート
 ・車線はみ出しアラート など

これらの安全装備が、新型アルファードには備わっています。
アルファードはグレードが豊富なので、廉価モデルが330万円台から始まり最上級モデルになると750万円以上となります。
通常なら、廉価モデルには自動ブレーキなどが備わらない事もありますが、何と新型アルファードに関しては多少の差はありますが、安全装備が標準装備されています。

これは、新型アルファードが「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」か「セーフティ・サポートカー」の条件を満たしているからです。
因みに、このセーフティ・サポートカーとは、官民が一体となった安全装備が備わる車を普及させるもので、その先陣を切っているのがトヨタでありミニバンならアルファードとなります。

ここまでをまとめると、新型アルファードの場合は廉価モデルでも、自動ブレーキなどの安全装備が備わっているので、大変お買い得なミニバンとなります。
さらに、今回の自動ブレーキは、トヨタ初となるプリクラッシュブレーキとなっています。

新型アルファードの自動ブレーキはどこが違う!

新型アルファードの自動ブレーキは、トヨタ初のプリクラッシュブレーキとなります。
このブレーキの特徴としては、従来は前方に停まる車にだけ自動ブレーキが作動するものでしたが、歩行者や自転車もレーダーとカメラによって感知する事を実現しました。
細かく分けるなら、車両と歩行車は昼夜問わず感知し、自転車は昼のみとなります。

実際にどのように作動するかと言うと、最初は運転者にディスプレイで危険を知らせて、ブレーキをするよう促してアシストします。これで運転者が出来ない場合は、自動ブレーキが作動して、衝突しないように回避するのがプリクラッシュブレーキなのです。

対応速度については、車両や歩行者、自転車によって作動条件が多少違ってきますが、通常に使用する際の速度では作動するようになっているので、安心して下さい。

自動ブレーキが備わっている事は「Toyota Safety Sense」がパッケージされているので、他にも以下の装備が含まれています。
 ・ハンドル操作サポート
 ・追従ドライブ支援機能
 ・自動ハイビーム
 ・標識読み取りディスプレイ

これらの安全装備も標準装備となり、正確には一部の廉価モデル(X、SRなど)では自動ハイビームのみがオプションや不可となりますが、それ以外は全て完備なので十分にお得となります。

自動ブレーキだけを考慮してアルファード購入を検討しているなら、最新のプリクラッシュブレーキが備わりさらに諸々の安全装備も付随する事となるのです。

新型アルファードのトヨタセーフティセンスについて!

最後に新型アルファードだけでなく、現在のトヨタ車には欠かせられない「Toyota Safety Sense」について触れなくてはいけません。これは交通事故や死亡事故を減らすが目的となる、最新の予防安全パッケージです。

その対象車は、アルファードなどの高級車だけでなく、ヴィッツやカローラなどの大衆車にも備わっています。これらはまとめて「サポカー」と呼ばれて、トヨタは「サポカー」登録車が国内ナンバーワンとなっています。

しかし、流石に高級車のアルファードと大衆車では、安全装備(トヨタ・セーフティ・センス)の中身ではかなりの差があります。同じトヨタのミニバンでもあるヴォクシーやエスティマと比較しても、アルファードに備わっているプリクラッシュブレーキ、踏み間違い時サポートブレーキ、追従ドライブ支援機能、標識読み取りディスプレイが未装備となります。

もしアルファードと同様の安全装備を求めるなら、トヨタならクラウンぐらいしか候補車はないのが実情です。逆に言うなら、国内最高峰の高級セダンと同等の安全装備が備わるアルファードの充実度を評価すべきでしょう。

他社のライバルミニバンと比較しても、自動ブレーキなどの安全装備でアルファード以上に評価が高い車は皆無です。これは、車専門雑誌や関連サイトを確認すれば一目瞭然となります。

特に、昼夜を問わずに、歩行者を感知するカメラとレーダーの組み合わせは、流石のトヨタでありアルファードだと、抜群の安全装備ではないでしょうか?

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!