アルファードは外観や室内と安全性能に魅力!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

アルファードの魅力!外観、室内、安全性能について

アルファードの外観は高級感と存在感!

アルファードはトヨタが売り出す「高級ミニバン」です。
現行のアルファードは3代目。
初代から高級ミニバンの位置づけを保ちつつ、外観はどの車種よりも存在感をアピールしてきました。
その中でも、3代目はこれまでよりも特に存在感が圧倒的で、街中をアルファードが走るだけで、その周囲の雰囲気が変わるくらいと言っても過言ではないかと思います。

3代目アルファードの存在感を高めている象徴的な部分はやはり、フロント中央部の縦を基調としたメタルフォルムでしょう。


同じようなフロントマスクを持つ車としては、同じくトヨタが売り出すミニバン、「エスクァイア」がありますが、程よい縦ラインのメタルが目立ち、高級感が感じられるのは、アルファードの方が一枚上手と言えます。
これまでのアルファードは丸みを帯びた形状をしていましたが、3代目はやや角ばった形状をしており、存在感を更に高めています。
このアルファード、2015年に3代目が発売されて以降、2年後の2017年にはマイナーチェンジが為され、若干のフロントマスクデザインを変更しました。
変更箇所はフォグランプが嵌る部分の形状をスタイリッシュな三角形にしたこと、そして先述の縦を基調とするメタル部分になります。
実はマイナーチェンジが為される前はこのメタル部分があまり強調されておらず、どちらかと言うと、エスクァイアのフロントマスクとあまり差異はない状況でした。


そのため、マイナーチェンジ後のアルファードの方が、断然外観に高級感も存在感も感じられるようになったのです。

アルファードの室内はまさにホテル並み!助手席も寛げる

「高級感」は外観だけで感じられるわけではありません。
アルファードの室内もまさに「高級」であり、ホテルの一室で過ごしているかのような錯覚に陥るほどです。


乗車してみてまず感じるのは、その静寂性でしょう。
外界の音もかなり遮音されますが、自車のエンジン音も十分すぎるほど遮音されており、車内でもストレスなく会話や音楽を楽しむことができます。
ミニバンはどの車種も3列シートであり、後列のシートは長時間座るには窮屈で身体が痛くなったりしてしまいますが、アルファードは室内幅も約1.5メートルあり、ストレスなく座っていられます。
アルファードの特筆すべきところは、室内を広々と使用するための工夫が施されていることでしょう。
これまであまり考慮されていなかった助手席シートについても、車内での時間をくつろいで過ごせるよう、助手席シートをなんと約1.1メートルも後方にスライドさせることができるような作りになっているのです。
運転中であればその助手をするのが助手席に座る人の役目ではありますが、例えば停車中に車内で待っている時間など、少しでもくつろぎたいときには、足をゆっくり伸ばすことができる空間を持てるのはいいですね。


アルファードは7人乗りと8人乗りのどちらかを購入時に選ぶことができ、その違いは中央列のシートがベンチシートとなるか否かになります。
3列目のシートに座りたいときには、8人乗りの場合は一度中央列シートを前部方向に倒してからでないと乗り降りができませんが、7人乗りは中央列シートの間に通路が確保されており、乗り降りは快適に行えます。

視認性をシステムで補える安全性能!

アルファードの車体は全長が4.95メートル、全幅は1.85メートルもあり、比較的日本国内の自動車でも大柄の部類に入るでしょう。
しかし最小旋回径は5.6メートルとなっており、ミニバンの中では小回りも利く車両です。
ただ、車幅はSUVクラスと同等のサイズがあるため、狭い道や駐車場は入ることができないこともあるでしょう。
また、車高はどのミニバンとも同程度ですが、1.95メートルあることから、場所によっては立体駐車場の高さ制限で入庫できない場合もありそうです。
アルファードは大柄な車体を運転することに抵抗がある方に安心の、安全性能を装備できるのが魅力の一つです。
例えば駐車場から出庫中に後進をかけた際、接近する他車をレーダーで感知し、音で警告するほか、サイドミラーの隅に点滅されるアイコンで知らせてくれる「リヤクロストラフィックアラート」というシステムがあります。
このほかにも、車線変更時に変更したい車線後方から接近する他車をレーダーで感知する「ブラインドスポットモニター」というシステムもあり、同様にサイドミラーにアイコンが点滅され、音で知らせてくれる仕組みです。
このように、アルファードは大柄ボディ故に後方の視認性がいまいちなため、その分システムによって視界を補うことができます。
もちろん、これらのシステムはメーカーオプションとなっており、購入時に取り付けるか否かを選択しないとなりませんので、自分の運転技術もそうですが、家族の自分以外の方も運転することがあるのであれば、その方の運転技術もよく検討してあげて、装備するか否かを決定した方が良いでしょう。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!