コンパクトカーの概念を変えたデミオの魅力

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

小型車の概念を変えたデミオの魅力

マツダデミオの魅力の概略

2014年に現行型マツダデミオを登場したとき、コンパクトカーの概念を変えたと言われるほど高く評価され、その年のカーオブザイヤーに選出されています。
エクステリアはマツダのデザインテーマである「魂動 -Soul of Motion」が採用され、実寸以上の大きさを感じさせる塊感と野生動物のような躍動感が見事に融合されています。
先代モデルも意欲的なデザインでしたが、その分室内スペースが犠牲になってしまったのに比べ、現行モデルは全長が160mm拡大して4,060mmとなったことで、後席にも余裕が生まれています。

エクステリアと同様にインパクトがあるのが、インテリアの質感の高さです。
コンパクトカーにありがちな安っぽさがなく、イタリアのクルマのような高級感が与えられました。
特にレザー仕様は秀逸で、居心地の良い空間を提供してくれます。
デミオの優れた内外装だけでも買う値打ちのあるクルマと言っても過言ではないでしょう。

走行性能に関してもマツダが進める「SKYACTIV TECHNOLOGY」が採用されており、クルマと人とが一体となったような楽しさがあります。
パワートレインは1.5Lガソリンエンジンと1.5Lクリーンディーゼルエンジンの2つが用意されています。
発売当初のガソリンエンジンは1.3Lもありましたが、マイナーチェンジにより廃止されています。

価格はベーシックグレードである15Cの1,393,200円からと大変お求めやすい価格が設置されており、しかも安全装備であるセーフティ・サポートカーSワイドも全車に標準装備されています。
人気車であるためリセールバリューも期待できるでしょう。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンとで迷う人へ

デミオを購入したいと考えている人が迷うのは、まずエンジンではないでしょうか。
2種類の1.5Lエンジンから選ぶことができるわけですが、一方はガソリンエンジンであり、もう一方はディーゼルエンジンとなっています。
それぞれ特徴が異なるために、それをよく理解した上で選ぶ必要があります。

両者を比較すると価格が安いのはガソリンエンジンのほうです。
ディーゼルエンジンのほうが30万円ほど高くなります。
単純に価格の安さで選ぶならガソリンエンジンで良いわけですが、ディーゼルエンジンの30万円分の魅力も捨てがたいのです。
たとえば、トルクが大きいので力強さがガソリンエンジンよりもあります。
同等のトルクを持つガソリンエンジンで比較すると、2.5Lエンジン車にも相当する実力です。
これにより発進加速力や坂道などでも力強い走りが可能です。

また燃費性能もディーゼルエンジン車は優れています。JC08モード燃費で30km/Lを達成しており、ハイブリッド車を覗けば最高レベルとなっています。
しかも、ディーゼルは単価がノーマルガソリンに比べてリッターあたり20円程度安いので、さらに経済的です。
ただ1.5Lガソリンエンジンも燃費性能は決して悪いというわけではなく、WLTCモードで19.8km/Lを達成しています。

ディーゼルエンジンがガソリンエンジンと比べて劣っているのは静粛性や振動などで、欧米人などと比べると、日本人は嫌う傾向があります。
ただ、従来のものと比べると騒音も振動も格段に低くなっており、ほとんど気が付かないレベルとなっています。

グレードの選択で迷う人へ

デミオの購入で迷うことが多いのはエンジンだけではありません。
グレードでも迷ってしまう人が多いようです。
グレードによってインテリアの内容がかなり異なってくるからです。
インテリアというのは常に目に入り、手で触れることができるものです。
そのためドライブの楽しさや質感の高さ、さらに居心地の良さなどにも大きく関わる部分となりますので、後悔することのないように選択したいものです。

標準仕様に比べて格段にインテリアのレベルが上がるのは、「Touring L Package」からです。
室内を明るくする「クロス・ブラック/レザー・ピュアホワイト」とシックな「グランリュクス®・ブラック/レザー・ディープレッド」の2種類があり、シート生地やドアトリムなどの加飾が大きくレベルアップします。
また特別使用車として、スポーティマインドを刺激する「レッド」が際立つ「Noble Crimson」や洗練された大人の落ち着きがある「Mist Maroon」も心を惹きつける魅力があります。

ベース車に対して40万円程度高くなるため、迷う方も多いことと思います。
コンパクトカーは安さに魅力があると考えるなら迷うことはありませんが、高級なコンパクトカーが欲しいと考えている方には、「Touring L Package」以上のグレードを選ぶのも手です。
価格はガソリン車で180万円前後、ディーゼル車で200万円前後までアップしますが、所有する満足感は極めて高く、将来売却するときにも高額買取を期待することができるでしょう。
なお、インテリアだけでなくデザイン性に優れたアルミホイールなども標準装備されます。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!