トヨタ 新型アルファードの値引きは30万円くらいが妥当

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

トヨタ 新型アルファードの値引きは30万円くらいが妥当

アルファード/ハイブリッドなら割引して貰うのは難しくはない

アルファードのハイブリッドタイプやExecutive Loungeなどのハイブリッドの上位タイプは現在人気が高まり一見値引きが出来なさそうなのですが両者ともに車両価格が割高であるため車両本体やオプションなどで割引をして貰うことが可能です。
また車両の人気が高まったことから納期にかかる時間が長くなったこともあり、迷惑料とまでは言いませんが割引をしてもらうことが出来ます。
よく売れ筋の車だから値引きは不可能であると思っている方もいるかもしれませんがそれは誤解で、車両価格の高い車の場合、商談の仕方によっては車両価格を値引きして貰うことが出来ます。
商談の仕方にもよりますが目標としては車両価格は30万円くらいが妥当の値引き額になります。
根拠は自動車情報誌などの情報で妥当価格として設定されている金額がおよそ30万円くらいだからです。
ただし、もっと値引きをして貰うのであれば、数はかなり少ないのですが方法としては新古車と言うものがあります。
こちらであればもともとの車両価格が安く設定されていて尚且つ割引の商談も出来ます。
ただ、新古車というのは未使用車のことでが売れ残り品になります。
アルファードやハイブリッドのあるフォードなどの新型車が売れ残ることなんかはまずないでしょうから新古車を狙うというのは現実的な話ではないです。
ですが稀にそういった最新型の新型車が入ってくることも事実ですので一応参考程度に記載をしておきます。

アルファードとヴェルファイアどっちがいいの?

新型アルフォードとヴェルファイア結局どちらがいいのという議題が稀に上がりますが、まず、アルフォードとヴェルファイアの違いについてくわしく知っている方はあまりいないかと思います。
この両車同じシャーシで同じ足回りをしておりますので価格は同じ価格になる車なのです。
両者の違いというと内装と外装のフロントとリア部分のデザインに違いがあることと、販売しているディーラーに違いがあります。
ルフォードトヨペットで販売されており、ヴェルファイアネッツトヨタになります。
同じトヨタ系列ですがアルフォードはファミリー層を取り込んでいるトヨペットで販売されており、一方のヴェルファイアはレクサスなどの販売からも分かるように富裕層をターゲットに販売しているネッツトヨタになります。
お互いトヨタ系列ですが、競合させることにより値引き交渉をすることができますのでどちらの車がよいかという店に置いてはどちらも同じ性能ですのでデザインが気に入ったほうが良いとしか言えません。
気に入ったほうの車の見積もりを出してもらい、競合車を販売している側のトヨタ店に行きあちらはこの値段になったといって値引き交渉をしてお互いに競わせて値引き交渉をすることができるので好きなほうを購入すればよいかと思います。
どちらもハイブリッドモデルがあり納期に関しても同じくらいの期間であるため、妥当な値引き交渉金額としては車両本体価格を30万円程度値引きできればよいと考えましょう。

アルファードとヴェルファイアは車情報誌でも人気

アルフォードとヴェルファイアは自動車情報誌でも人気のある車であり、一方はファミリー層から支持されておりもう一方は富裕層からの支持のある車です。
両車種に共通している点は高級ミニバンであるという点になりグレードなども同じグレードで価格帯も同じです。
ファミリーカー部門や高級ミニバン部門などの情報雑誌も多いため1カ月おきに情報誌が組まれていたりするため情報を入手することはかなり容易です。
ですから値引き交渉に関する情報もおのずと手に入ります。
この両車種は2018年現在では30万円から50万円は値引き交渉できるとされていますがあくまで目安です。
ほとんどの情報誌の情報を平均すると30万円前後が妥当であるといえます。
このように複数の雑誌社がアルファードとヴェルファイアの特集を組み毎月に情報を公開するため納期時間オプションの割引額、車両割引額に至るまで細かく特集を組まれたりしているのでおおよその値引き額がつけやすい車でもあるといえます。
ただし、あくまで値引き額は目安であり住んでいる地域によっては人気にも差がありますし、商談する際の営業マンの性格などもありますので必ずしもその値引き額になるかどうかは未知数です。
値引き交渉をする際は営業マンとの相性や交渉する際の姿勢が大事であり相手の営業マンの方に好印象を与えるのが重要です。
印象が悪いとどんなに自動車情報誌で情報を仕入れ、値引き交渉のテクニックを身につけても思う結果にはなりません。
自動車情報誌に記載されている値引き交渉テクニックは相手の相性を考慮していませんので相性を考慮し好印象を営業マンに与えられるかが重要です。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!