新車値引き|新車購入する際の値引きできる額とその交渉術

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

新車購入する際の値引きできる額とその交渉術とは?

新車の値引きは出来るのか?

新型車を値引きして貰う際値引きができるのは車本体の価格、車に搭載されるオプション、手数料、この3つになります。
新型車の場合、値引き交渉をするうえで一番難しいのが車本体の値引きです。
というのも、車を販売しているディーラーとしても新型の車を大幅に値下げして販売してしまうと車を販売しているディーラーとしても利益が出ませんし、何より車のブランド価値がなくなってしまいます。
消費者としては車を安く購入したいでしょうが、販売している自動車会社としてはブランド価値の地下が一番心配されることですので新型車の値下げはあまり出来ないのです。
では、どこが値引きできるポイントになるかというとオプションになります。
自動車に搭載されれるオプションは自動車を購入した際に後からつける装備であり、ディーラーとしては新型車が売れたら自分の営業成績になりますので新型車が売れれば後のオプションに関しては値引きしてもらえます。
もしくは、新型車を購入した際、自宅まで運んでくれる費用を値引きしてもらうなど車体本体以外でしたら基本的には値引き交渉して安くしてもらえます。
車体本体の値引きは新型車の売り上げが落ち着く1年以後であれば値引き交渉をすることはできますが、新型車値引き基本は車種の人気と売り上げに左右されます。
この車種の人気と売り上げに関しては自動車情報誌やインターネットなどで調べることが出来ます。
人気が落ち着き売り上げが落ちた時が車本体価格の値引きをするチャンスです。

何社かに車の見積もりをして貰う値引き交渉術

車を値引きする際、車を購入したいという意思を見せることが重要です。
車を販売する販売員としては、車を買ってくれるか商談する際、最終的には購入してくれないと意味がありません。
ただ、長々商談して購入してくれないのであれば冷やかしに来られたのと一緒です。
そこで、車を購入する側としては見積書を出してもらいます。
車の見積書を出してもらうことでディーラーとしては車を購入する意思はあると思うわけです。
そこから、車購入者としては何社かに見積もりを出してもらいます。
ライバル社などでもよいです。
その見積書を持ち自分のほしい車を販売しているディーラーに行って対抗させるの見積書を見せる構えで値引き交渉をすればいいのです。
ですが、この方法には注意点があり、ライバル社の場合、購入したいメーカーの車と同じくらいの知名度があるのか?同じ様な対抗馬になる車でないといけません。
例えば、スズキで言うワゴンRとダイハツのムーヴの様な関係性のある車でなければ効果をあまり期待できません。
同じタイプの車でなければいけない訳です。
購入したい車がセダンなのにSUVの見積もりを持っていったらディーラーとしては何で?と思うわけです。
ですので対抗馬になるライバル社をきちんと自動車雑誌などやインターネットを使用して事前に下調べをしておきましょう。
この値引き交渉術は相手側にとっては購入する意思を見せることが出来るのですがそれと同時にああ、ライバル社の車でもいいのね、と相手のディーラーに思わせてしまうので諸刃の値引き交渉術です。
ライバル社に行けとはディーラーは言いませんが中にはそういった感じで接するディーラーもいますから注意が必要です。

簡単に値引き相場を知る方法

実は新型車の値引きをする際、予め値引きが出来る相場が決まっています。
自動車業界などでは自分の会社の車の売れ行きについてはかなり神経をすり減らしており、自動車情報雑誌などの情報にはかなり神経を使っています。
この自動車情報雑誌等の無視できない大きな存在で、どのくらい車が売れているか、人気車種は何なのかを細かく取材して載せています。
売り上げと人気の統計から見てこの車はこの位値引き交渉が出来ると雑誌に予想が明記されています。
インターネットの情報でもいいのですがインターネットの情報は何時の情報か分かりません。
雑誌の場合、いろんな有力雑誌があり情報誌の場合、2018年の情報であるとすぐに理解することが出来ますよね。
こういった感じで自分の購入したい車種の情報が搭載されている情報誌をまずは立ち読みが出来る本屋であれば、立ち読みした後に購入すれば間違いなく自分のほしい情報が記載されている雑誌を購入することが出来ます。
雑誌の値引き術や値引き金額などは車の専門家の方にインタビューしたものから雑誌編集者の予想などいろいろありますが、値引きの情報としては車体本体の値引き額を記載している情報誌が多いため値引き相場を知るのにはお勧めの媒体といえます。
インターネットの場合は問題となってくるのは情報の出所が分からない点であり情報雑誌は情報の出所は明確には記載されていませんが取材を行い明記しているので確かな情報であるといえます。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!