新車値引きの交渉術のポイントと安く買うためのコツ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

新車値引きの交渉術のポイントと安く買うためのコツをご紹介

本当に買いたい車の情報はディーラーに行く前に勉強しよう

自動車を購入するにあたり、安く車を購入できたらいいなと、殆どの人はそう考えるでしょう。
新車であればディーラ-から購入するわけですから、ディーラーの担当者との値引き交渉が重要なのはもちろんです。
自分の欲しい車が決まり、早速ディーラーに行って見積もりを取ろう!
そう思っている方も多いですが、ちょっと待ってください。
まずディーラーに行く前に、是非やってほしいことがあります。
それは欲しい車の事をある程度勉強することです。

例えば車にはどんな車種でもそうですが、いくつかのグレードがあります。
グレードによって装備されている設備が異なり、ハイグレードになればなるほど、内装は凝った造りとなり、装備も沢山つきます。
当然、自分にとっては要らないと思う装備もあるかもしれません。

具体的にディーラーと交渉する際は、「自分にとって何が必要な装備で、何が要らない装備なのかを明確に相手に伝えること」が重要となります。
それによって、要らない装備を外すこと、若しくはその装備のスペックを落とすことで車両の価格を値引きしてくれることに繋がるのです。
車の事を勉強することで、ディーラー側から見ると、「本気でウチの店から車を購入しようと考えてくれている」と感じられることから、その分頑張ってそこから更に値引きしてでも、車を売りたいと考えてくれるようになります。

単に「見積もりをしてくれればそれで良い」というスタンスでお店に行ってしまうと、ディーラー側もそれを感じ取ってしまいます。
そんなお客さんに対しては、「ウチの店では見積もりだけ取るだけか」と思われてしまい、値引き率をあまり期待できません。

同系車種同士の見積もり合わせで値引き交渉

値引きの方法の一つとしては、同系車種の見積もりを競合させて、安い見積もりが出たことをネタにして、もっと安くならないのか、本当に欲しい車を販売しているディーラーに再交渉することです。

見積もり合わせというこの方法は、自動車購入時の値引き交渉としては基本中の基本です。
例えば日産ではミニバンタイプとして「エルグランド」という車種があり、相場は300万円~800万円近くという幅広い価格帯です。
これの対向車としてはトヨタの「アルファード」という車種があり、価格も同等レベルとなっています。
いずれの車種も日産、トヨタが「高級ミニバン」として、売りに出している車種です。
そのためこの両車種はよくインターネットや雑誌でも、車のスペックや走行性能、燃費効率等の比較が為されており、もはや車業界では当たり前のライバル車種となっています。

ライバル車種であることはそれぞれのディーラーでも認知していることであり、当然それぞれのディーラー同士対抗意識があることから、「売り上げで負けたくない」という気持ちがあるわけです。
そのためライバル車種がこれだけ値引きしてもらった見積もりを出してもらったということが分かれば、一方のディーラーはそれと同じくらいの値引きか、もう少しだけ値引きをしようといったことを考えることに繋がることも十分可能性としてはあるのです。
このため、ライバル車種同士の見積もりを競合させて値引き交渉に移す方法は必ずやった方がいい手段です。

オプションは安いもので代用し、車を安く買う

ディーラーが紹介するオプションや基本的な装備品については高い値段が設定されています。
カーナビやフロアマット、雪国であれば冬タイヤ等は、ディーラーから車両を購入した後でも、カーショップで購入すれば安く済ませられるものばかりです。
カーナビに関していえばディーラーが販売しているカーナビと同等レベル、若しくはそれ以上のスペックを有しているものが沢山市販で売っています。
ただ、気を付けないとならないのは、一部の車種によってはカーナビがメーカーオプションという、車の製造段階で付けるかどうかが決まり、製造後にカーナビを後付けしようとしても付けることができないような構造の車種もあるので、注意しなければなりません。
また、フロアマットで言えば、ディーラーのロゴが付いたマットだから値段が高いわけで、ロゴを気にしないのであれば、市販のマットで代用したりすればかなり安く済ませられます。
どうしてもサイズがピッタリ合ったフロアマットが欲しいのであれば、インターネットで車種毎にサイズがピッタリ合うように裁断されたフロアマットを購入することができます。
冬タイヤに関して言いますと、ゴムタイヤの部分の価格を下げるのではなく、タイヤホイールの価格を安く済ませるということです。
見た目がかっこいいホイールはやはり値段も高いのですが、そこそこのデザインで良いという方であれば、安いホイールで十分でしょう。
一方、ゴムタイヤの部分にあっては雪の上でしっかり止まれるものでないと走行に危険が生じるので、あまり価格の安いものに固執しない方が良いです。
海外メーカーのタイヤも多く市場に出回っていますが、やはり有名なメーカーのタイヤを利用し、安心を買った方が良いでしょう。
とにかく、「ディーラーから車一式を全て購入しよう」という考えがあると、高く値段がついてしまい、思ったよりも値引きが見込めないなんて言うことも有りますので、注意が必要です。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!