mazudaデミオVS日産ノートepower比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

デミオ 値引き 交渉
日産ノートVSマツダデミオ
コンパクトカー市場は日本では多くなっています。
各メーカーからいろいろなコンパクトカーが発売されていますが、
中でも価格帯やその大きさといった面で似ていることから
ライバルカーとして競合されることが多いのが
マツダデミオ日産ノートです。

日産ノートVSマツダデミオ

デミオの特徴はエンジンです。
マツダならではのクリーンディーゼルは環境性能では他のコンパクトカーに大きく差をつけています。

対するノートもこれまでのハイブリッドカーとは一味違う燃費と走行性能を搭載してこちらもコンパクトカーとしては大きく他車と差をつけています。

このようにデミオとノートは両者ともに
コンパクトカー市場を牽引する車としてライバル関係にあります。

燃費の面で比較

燃費の面で比較すると、
デミオはディーゼルエンジンのため、
燃費だけでなく燃料費自体の低コスト化に成功しています。

対するノートは日産独自のe-Powerによって従来よりも
EV機能の性能を上げて燃費をアップしています。

ガソリン車の比較

デミオとノートのガソリン車同士での比較でいうと、
若干ですがカタログ記載の燃費では
デミオがリードしているようです。

ディーゼルのデミオとハイブリッドのノートで比較すると、
デミオのディーゼルは26.4km/L、
ノートe-Powerで34.0km/Lになっています、
やはりハイブリッド効果は高いようです。

車両価格の比較

マツダデミオと日産ノートを車両価格で比較してみると、
どちらもほとんど差はないのが実情です。

ガソリン車での比較では
日産ノートのほうが若干高くなっています。

デミオのディーゼルと
ノートハイブリッドでは
デミオのディーゼルのほうが若干高く設定されています。

とはいってもその差は数万円です。
これは車の価格としてはほとんど同じといっていいでしょう。

これくらい似通った価格構成となると、
やはり内容での比較がメインとなります。

競合車ですから
デミオかノートで迷っている場合各ディーラーを回り、
デミオとノートを競合させることで
有利に値引き交渉を進めることができます。

ボディカラー

デミオとノートをボディカラーで比較してみます。

デミオのボディカラーは10色、
対するノートのボディカラーは13色となっています。

ボディカラーは自分の好みで選ぶものですから
ボディカラーが少なくても
気に入ったカラーがあれば特に問題はないと思います。

デミオのボディカラーははっきりと変化のある色が多くなっています。
ノートのボディカラーは似たカラーの中でちょっとした違いを演出しています。

ボディカラーだけで車を選ぶ人はほとんど居ないと思いますので
これは購入決定してから選べばいいでしょう。

デミオVSノート内装

デミオとノート、
その内装の違いはどうなっているのでしょう?

内装に関しても好みがありますので一概には言えませんが、
客観的にみてデザインの質感はデミオに軍配があがるようです。

勝ち負けではありませんが、
比較してみての一般的な意見として
デミオのほうが高級感があるということです。

もちろんノートも
その内装には力を入れていますので
コンパクトカーにありがちだった内装のチープさはありません。

デミオのデザイン性は
細かい箇所でチャレンジしているなという感じがあります。

ノートの内装はオプションを付加することで改善することは可能です。

自分好みの内装にするのもオーナーとしての楽しみです。
決してノートのデザインが悪いということではありません。

動力性能や走行性能

デザイン的な面だけでなく
車としての動力性能走行性能での比較ではどうでしょう?

これはデミオのディーゼルと
ノートのe-powerで比較してみたいと思います。

パワー

まずパワーです。
やはりディーゼルエンジンは
ガソリンエンジンよりパワフルなため、
引っ張ってくれる感覚はデミオのディーゼルのほうが上です。

デミオのエンジンは1500ccですが、
ディーゼルエンジンなので
そのパワーは2500ccくらいに感じる?ことができます。

いずれにしても走りに関しては
実際に試乗してみるのが一番確実です。

日産ノートとマツダデミオの特徴

・日産「ノート」とマツダ「デミオ」の概要
 日産ノートは2012年に登場したコンパクトハッチバックです。
ノートは発売当初は3気筒1.2リッターの自然吸気とスーパーチャージャー付きの2種類が用意されていました。
2016年に「e power」というグレードが追加されました。
これはエンジンで発電をしてモーターを回すタイプのハイブリッドカーです。

トヨタのハイブリッドシステムはエンジンの動力で車を動かし発電しモーターを回していますが、
日産の場合エンジンの動力は全て発電に使われます。
ですので車はモーターの動力だけで動いているという事になり、
電気自動車のような乗り味を味わうことができるのが特徴です。

 一方、マツダデミオは2014年に登場したモデルで、
ノートやトヨタ・ヴィッツ、ホンダ・フィットに比べると
高級志向のモデルです。

走りもヨーロッパ車のようにしっかりしており、
インテリアの質感やシートの造りもしっかりしているので
輸入車のような乗り味を味わうことができます。

エンジンは1.3リッターのガソリンエンジンのほか
1.5リッターディーゼルターボエンジンを搭載しているのが特徴です。
コンパクトハッチバックでディーゼルエンジンを搭載しているのはデミオのみです。

日産ノートとマツダデミオのスペック

日産ノートのスペック

 日産ノートは全長×全幅×全高は4100mm×1695×1520となっており、
5ナンバーサイズに収まっていますので扱いやすくなっています。

エンジンは1.2リッターの自然吸気とスーパーチャージャーのほかに、
「e power」は1.2リッターのエンジンを搭載しています。
e powerの燃費はリッターあたり37.2kmですので
ハイブリッドカー並の低燃費を実現しているのが特徴です。

このためノートユーザーがこのe powerを購入しているようです。

マツダデミオ

一方、マツダデミオは
全長×全幅×全高が4060mm×1695×1500となっており
ほぼノートと同じです。
デミオは1.3リッターのガソリンエンジンと
1.5リッターのディーゼルエンジンを搭載していますが、
6速MTも用意されており
マニュアル派のユーザーには喜ばれています。
またデミオは上級グレードになると、
革シートを搭載しているグレードなどがあり
他のモデルにはない特徴があります。
デミオというと以前はライバルに比べて格下という印象が強いモデルでしたが、
現行型は価格も上昇して
むしろライバルよりもワンランク格上のモデルとなったのが特徴です。

日産ノートとマツダデミオの価格とまとめ

日産ノートの価格
 日産ノートの価格は1.2リッターの
自然吸気ガソリンモデルで約142~200万円、

スーパーチャージャーモデルで
約177~220万円となっています。

e power
一方、e powerは約190~264万円となっています。

1.2リッターの自然吸気は割安ですが、
3気筒でパワーもないので遅いと感じる人も多いと思います。

一方、スーパーチャージャーは若干割高ですが
必要十分という感じで比較的おススメのモデルと言えると思います。

そしてe powerは明らかに割高ですが
燃費も良いですが割高感はあります。

この価格ならもう少し大きな車も購入できます。

デミオの価格

 一方、デミオはガソリンモデルが約140~200万円、
ディーゼルモデルが約180~230万円となっています。

ガソリンモデルの価格帯はほかのモデルとほぼ同じですが、
売れ筋モデルはほかのモデルに比べると若干割高です。

一方、ディーゼルエンジンは明らかに割高に設定されていますが
低燃費ですので長距離を走行する人はお得です。

マツダというとディーゼルエンジンは有名ですが、
デミオはガソリンエンジンの方が
人気がありますので、
やはりこちらがおススメだと思います。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!