マツダデミオVSトヨタアクアどっち?広さ比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

マツダデミオとトヨタアクアの比較で
デミオ アクア 広さどっち?
マツダデミオ トヨタアクア~外観の比較~

デミオ

現行4代目デミオ

ボディーサイズ

現行4代目マツダ「デミオ」のボディーサイズは、
全長4060mm・全幅1695mm・全高1500mm~1525mmとなっており、
昨今のコンパクトカーとしては標準的なボディーサイズとなっています。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは
ブラック、ホワイトを中心に
レッド・ブルー系など全部で10種類のカラー展開が行われており、
2002年に発売された2代目モデル
2007年に発売された3代目モデルで設定されていた
オレンジ系やライトグリーン系などのビビットカラーは
現行モデルにフルモデルチェンジを行った際に廃止。

現在ではシックで落ち着きのあるカラーが設定されています。

アクア

一方のトヨタ「アクア」ですが、
2011年に販売が開始され
現在でも初代モデルが現行モデルとして販売されています。

ボディーサイズ

ボディーサイズは、
全長4050mm・全幅1695mm~1715mm・全高1440mm~1455mm。

全長と全幅はデミオとほぼ同サイズとなっていますが
空力抵抗を抑え燃費を向上させるとの考えから、
全高はデミオよりも低く設計されておりその分、
室内はデミオと比べてやや狭くなっています。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは
ブラック、ホワイトを中心に14種類が用意されており
女性若い方でも車に親しみを持って欲しいとの観点から、
オレンジ系やパステルブルーなど明るいカラーが設定されています。

コンパクトカー

どちらの車種もコンパクトカーと言うジャンルですが、
マツダ「デミオ」の場合にはコンパクトカーにも高級感を、
トヨタ「アクア」の場合には楽しく親しみの持てるファミリーコンパクトカーというコンセプトとなっています。

エンジン・ドライブトレインなど

~エンジン・ドライブトレインなどの比較すると~

デミオエンジン

マツダ「デミオ」に搭載されているエンジンは
1298cc・直噴DOHCガソリンエンジンと
1496cc・直噴DOHCディーゼルターボエンジンの2種類が設定。

ガソリンエンジンディーゼルターボエンジン共に
6速AT5速MT6速MTを選択する事が可能となっています。
また2WD4WDも選択する事が可能です。

燃費

燃費はガソリンモデルが20.6km/L~24.6km/L、
ディーゼルターボモデルが22.8km/L~30.0km/Lとなっており、
同クラスのノンハイブリッドカーとしては
比較的に標準または標準よりもやや良い燃費となっています。

アクアエンジン

トヨタ「アクア」に搭載されているエンジンは
1496cc・DOHCガソリンエンジンと
プリウスなどで採用されている
モーターを小型化した物が搭載されたハイブリッドカーとなっており、
全てのグレードで同じエンジンとハイブリッドシステムが搭載されています。

変速機はデミオのような多段式ATやMTの設定は無く、
電気式無段変速機(CVT)のみの設定となっています。

燃費

燃費は量販モデルであるSやGグレードで34.4km/L、
廉価・ビジネスモデルで装備品や装飾品を最小限に抑えたLグレードで38.0km/Lとなっており、
同クラスのコンパクトカーとしては最高水準の燃費を誇ります。

駆動形式

駆動形式はFF2WDのみの設定となっており、
デミオのように4WDの選択は行う事ができませんが、
エンジンで走行を始める前にモーターが作動し車を動かすため静粛性にも優れています。

デミオ-アクア内装の比較

~マツダ「デミオ」VSトヨタ「アクア」内装の比較~

デミオの内装

マツダ「デミオ」の内装は、
コンパクトカーにも高級感をと言う理念の元に設計やデザインが行われている為、
極力プラスチック感を減らした高級感のある内装となっています。

ダッシュボード周辺やセンターコンソール付近は、
革素材にステッチ加工が施されたデザインとなっており
コンパクトカーでも十分に高級感が味わえる質感が演出されています。

また、フロントシートは乗車時の負担を抑える配慮がなされており、
立体感のある体を包み込むようなシート設計になっている事も特徴です。

現行型のデミオは、
スピードメーターが従来型の車と同様に
テアリングの奥にメーターが設置されているタイプとなっているため、
他車種からの乗り換えでも違和感を覚えることはありません。

また、どのグレードも
ダッシュボード中央部に7インチのインフォメーションディスプレイが標準で装着されており、
カーナビゲーション機能やバックモニターも
このディスプレイを使って操作を行う事になっている事が特徴です。

アクアの内装

トヨタ「アクア」の内装は、
シート表皮や内装の一部にステッチが施された合成皮革を使用しているため、
デミオの様にプラスチック感を減らし高級感を味わえる訳ではありません。
ファミリーコンパクトカーでありながら上質な空間を演出しています。

スピードメーター類は、
ダッシュボード中央部に位置するセンターメーター式を採用しており、
その直ぐ下にカーナビゲーションを設置するスペースがありますので、
好みの社外カーナビゲーションを装着する事も可能ですし、
運転時に視界移動が少なくて済むと言う事も特徴です。

空力抵抗を減らし燃費を向上させると言う観点から、
屋根が低く設計されているため
乗降性に関してはデミオに軍配が挙がります。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!