デミオEV搭載

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

デミオEV搭載
EV搭載モデル
MAZDAデミオにEV搭載モデルが追加される可能性
MAZDAのデミオを2018年の現在でエンジン車とディーゼル車があります。

デミオEV搭載モデル

2019年9月頃を目処に開発されているのがデミオEVです。
ですが、このデミオEV普通のEV車と大きく異なる点があります。
EV車は普通、電気モーターで動きバッテリーの電力を消費して動くためバッテリーをステーションなどで充電する必要があり、
ガソリン車やディーゼルエンジン車と比べると航続距離が大変短く、
また充電ステーションも地方によっては普及率が低いため気軽に充電することができないと言う問題がありました。
]そこで、MAZDAは新しいEVモデルの自動車としてデミオに330ccの小型ロータリーエンジンを搭載し
そのエンジンを使用してバッテリーを充電させ航続距離を伸ばすと言う方式を採用したデミオを2019年の9月頃に販売を開始するそうです。
マツダのデミオのEV化については2012年にリース販売と言う形で広島県に納入され実験をしていましたので
旧型のEVのデミオと比較すると航続距離は満充電で200kmであるのに対して新型の発電機構搭載のデミオは400kmであることから2倍の航続距離になっているということが分かります。

この電池を小型のロータリーエンジンで充電する方式はマツダ RE レンジエクステンダーと呼ばれ
EV自動車の航続距離を伸ばすことができる方式です。
この方式の利点は一つはバッテリーの小型化が可能であり車体重量を削減することで車のハンドリング性能の向上や加速力をアップさせることができます。
以前ではバッテリーの容量を大きくすることで航続距離を伸ばせましたがバッテリーを大きくする事は車本体の価格を高騰させる要因となりコストがかかりあまり魅力のある車であるとは言えませんでした。
ガソリン車のほうが安い上に航続距離も長いのですから当然です。
ですが、この新しい方式のEV車は自ら充電することができ、
燃料タンクもわずか9リッターの大きさで400kmの航続距離を走れるのですからEV車の航続距離が短いこととバッテリーの容量の増加によるコスト増加の心配が無くなった分、手が出しやすい値段設定になると呼んでいます。
EVが日本で普及しない理由は航続距離と価格設定の高さであり、
価格設定が低くなり、航続距離が伸びることでEVの需要は増えると思われます。
デミオだけではなく、このマツダ RE レンジエクステンダーの機構を取り入れることができるのであれば
ロードスターのようにスポーツカーであってもEV化する事は十分に可能性があります。

新車購入が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、新車の購入を検討しているけど 悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!