車を査定して売る際の秘訣とは・・・

車査定の減額高額ポイント

自分の愛車を査定してもらって高く売りたいと思っている人は多くおられると思います。 ただ、車を高く売ってもらうためにはある程度の秘訣が必要になります。 まず、車を高く売るには車が新しければ、新しいほど良いです。 車の査定をしてもらったときに減額ポイントになるのは、キズやヘコミ、サビ、塗装の色褪せ、シートのへたりや穴、喫煙による臭い、ペット臭などがあります。 キズやヘコミは減額ポイントになりますが、特に塗装の色褪せは大きな減点ポイントになります。 普段から屋根下保管やカバーかけをして塗装が劣化してくるのを防ぎ、価値を維持するのは大事なことになります。 また、下回りが錆びていることも査定の評価額につながっており、サビによる劣化が激しいと評価額が大幅に下がってしまいます。 そのため、海辺や雪がよく降る地域で走行する人は注意が必要です。 海辺の塩や雪のよる水などはサビの原因になりやすいからです。 このような塗装の剥げやサビは減額ポイントになりますが、高額ポイントにつながるところもあります。 純正オプション装備やパーツ、サンルーフ、本革シートなどは高額査定につながりやすいです。 エアロなどのオプションパーツは純正のものであれば付加価値になり、アルミホイルやマフラーなどは交換した後も純正品が残っていれば、高額査定につながるので、残しておくことが大事になります。 他にもカーナビなどの付属品を付けておくことにより、査定額がアップします。

査定のために行う注意点

高額査定のためにキズやヘコミなどの部分を修理して、車の価値を上げようと思う人もいるかもしれません。 しかし、車の価値を上げようとしても、それが逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。 まずは、塗装の点です。 塗装が剥げているため修理して査定額を上げたいと思い、ホームセンターなどに置いてある道具を利用してDIYで修理しようとするかもしれません。 しかし、自分で修理をするとさらにキズを増やすことになり、高額査定を狙っているのに、減額査定となってしまうことがあります。 それならば、プロの人に頼んで査定額をアップしてもらおうと思う方もいるかもしれません。 確かにプロの人に頼めば修理は綺麗にしてくれるので、車の査定のポイントも上がると思いますが、プロの修理費用は高いため、修理しても費用額を上回ることはありません。 そのため、小さい傷などであれば修理はせずにそのままにしておくことが大事になります。 まが、洗車やワックスがけなどをして車を綺麗に見せようと思う方もいるかもしれません。 ただ、車が汚れていることやコーティングをしていることは査定額に含まれていないことが多いです。 そのため、車を綺麗にするための洗車やコーティングは費用がかかるだけで意味がないことが多いです。 車についているタイヤも同じです。 タイヤの新旧も査定をする際には関係ないことが多いので、新しくする必要もありません。 このようにして無駄な費用をかけないようにすることが大事です。

車を高く売るための時期とは

車を高く売るためには車を売る時期も大事になってきます。 時期を確認しておくことで、車がいつもの査定よりも高額で売ることができます。 車を高く売りたいならば、1年の中でも1月から3月、9月から10月までがおすすめになります。 理由としては、この時期は新車や中古車を問わずに車を買う人が多い時期となるからです。 特に3月は進学や就職、異動の時期でもあるため、他の月の比ではないほど車を買う人が多いです。 車が売れる時期というのは中古車販売店でも分かっているため、出来るだけ多くの在庫を確保しておきたいと思っています。 この時期はでディーラーも中古車販売店も決算や半期決算なので、新しい車も安く買うことができるようにしてくれています。 車の買い替えを狙って、その新車の資金にしようと思っているならば、この時期に自分の車を査定してもらうのが良い方法です。 モデルチェンジや新型者の発売の時期に査定中して買取ってもらうことでも、高額査定をしてもらうことができます。 また、査定のもう1つのポイントとしては、走行距離です。 走行距離は5万kmや10万kmなどの大台に乗ることで査定額のポイントが変わってきます。 そのため、走行距離が5万kmや10万kmに乗ってしまう前に査定してもらった方が、高額査定となります。 そのため、車検が近づいてきているならば、車検が来る前に査定してもらった方が特になります。 走行距離が増えてしまう前に車を売るようにしてください。